サクラ?本物?とりあえずやってみる

あまりにも出会いがないので、ついに出会い系サイトと出会い系アプリに登録しました。
年齢と職業、名前は匿名でもOKだったので、とりあえず匿名にしておきました。
すぐに女の子からのメッセージが来たので、
「さすがにサクラだろうな」とは思いながらも、
「メッセージありがとうございます!」って感じで返信しておきました。
そこからはLINEに追加してほしいとか、なんとかかんとかあって、そんな女の子が何人かいました。
1人、女の子が話に長いこと付き合ってくれました。こんだけ話し相手になってくれるんなら、サクラでも、ネカマでも、なんでもいいや、自分のために時間さいて話相手になってくれているんだから、と思いました。
思えば大人になって、というかおじさんになって、自分の泣き言を聞いてくれる存在なんて早々いないですからね。
話できて満足、サクラではなく本物だったら儲けもんくらいの感じで、今はそんな風な感じでやってます。

出会いは唐突に予想もしない形でやってくる

恋愛とは全く無縁の人生を送ってきた自分にとって、誰かと付き合うなんて考えてもみませんでした。だけど、時代錯誤変化のせいなのでしょう。僕にも出会いが訪れました。
きっかけは、オンラインゲームでした。いつもの様にログインして遊んでいると、新規で入ってきた人がいたんです。それなりにゲームに慣れている様子だったので、何度かクエストに一緒に行きました。その日は挨拶程度で特に何もやり取りしませんでしたが、翌日も同じ人が参加してきました。昨日の今日だったし、立ち回りも上手だったので断ることもなくまた一緒に遊びました。それを何度か繰り返しているうちに、ゲーム内のチャットでも冗談を言い合うくらい仲良くなりました。
1ヶ月くらい経った頃に向こうからダイレクトメッセージが来ました。いつもありがとうとか、そんな内容が始まりでした。ゲーム内で仲良くなっていたので、普段の生活での愚痴なども直ぐに言い合うようになりました。そうやってやり取りを続けて暫く経ってから、オフで会いませんか?と向こうから誘ってきました。正直、顔を見たこともない相手と会うのは危険だと思い、断ろうとしましたが、何となくこのまま会わなかったら一生この人と会って話をすることはないのだと思うとそれは嫌だと思う自分がいました。
勇気を出して会ってみると、相手は自分より少し年下の可愛らしい女性でした。ゲームの時と同じように明るくて優しい子でした。変な勧誘や美人局に会わないか、内心びくついていましたが、そんなことは全くなく、本当に気さくで良い子でした。
何事もなく、そのまま解散し、家に帰ってゲームを立ち上げると彼女からメッセージが届いていました。
「今日はありがとうございました。会えて嬉しかったです。そして、会って確信しました。私は貴方のことが気になっています。これから、お付き合いという意味で仲良くしてもらえませんか?」と。

画面を見つめたまま、ポカーンとしてしまいました。生まれてこの方、そんな甘酸っぱい展開に恵まれたことがなかったからです。
頭が真っ白になりましたが、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。単純に誰かに好意を持たれたこともですが、自分が気になっていた子が同じ気持ちでいてくれたからです。
嘘じゃないか、本当はからかってるんじゃないかと色々な思いが頭を巡りましたが、自分の気持ちに素直になってみようと思い、彼女に「こちらこそ宜しくお願いします」と返信しました。
それからは、オンラインだけでなく現実でも彼女と何度も会い、正式にお付き合いをすることになりました。
普通に生きていたら出会うことはなかっただろう相手との出会いの場をネットは提供してくれました。本当に思いにもよらない展開で、自分でも驚いています。
これからどうなるか分かりませんが、彼女のことは大切にしようと思います。

出会いを求めてオタコンへ

私が住んでいる地方はまあ田舎で、会社などで人と会う機会が多くない限り同年代の異性との出会いの機会がありません。特に私は所謂オタク……ですので普通の街コンなんかはちょっと気後れしてしまうところがあります。無理して話を合わせてもどうせあとが辛いし、いつまでも趣味を隠せる訳がないですし。そこでネットの記事で見たオタコン、オタクの人限定の街コンみたいなものに興味を持ちました。そこで地元でオタコンがやってないか探したのですがさすが田舎、そんなニッチなイベントはやっていません。ですが、となりの県での開催予定を発見!ちょっと遠いかな〜と思いましたが一度は行ってみたいという気持ちもあり参加を決めました。こういう街コンやお見合いパーティは男性より女性のほうが参加費が格段に安くてなんだか男性に申し訳ない気がするのですが、今回のイベントは8がけ程度の違いでなんだか安心です。イベントはもう来週なのでドキドキしています。

転職先としてのタクシードライバーの仕事

転職先がたまたまタクシードライバーだったという人がいるかもしれません。なんとなく求人情報を見ていたら、募集があり、目に留まったので、応募してみたらすぐに採用された、そんな感じで、あっという間に仕事が決まって良かったという人たちです。転職活動というのは、かなりのストレスになるのは確かです。当てがない、資格も経験もない、そんな感じだと、自分をアピールすることができませんので、面接で落とされてしまう可能性が高いのです。そんな中、タクシーの業者は、面接に来てくれた人たちを歓迎し、積極採用するわけですから、かなり対応の違いを感じることでしょう。

そんなタクシードライバーとしての仕事ですが、大変な思いをするはずだと思うかもしれませんが、それは単に想像であって実際はそうではありません。もちろん仕事ですので、楽なことはありませんが、しんどくてダメだという感じにはならないのです。

タクシーの運転手をすることは

どんな職業に転職しようかと考えている人にとって運転ができるというのであればタクシーの運転手がお勧めできたりします。運手をするとことによって、職業とすることができるということになりますとやはりそれなりに魅力があるということにはなります。ただし二種免許というのがなければダメということになりますのでそちらの方がとても問題になるということになるわけです。しかし、確かにこれは難しい職業の資格ではあるのですが運転がそれなりにできる人であれば訓練すればそこそこを取りやすい資格でもあります。世の中にタクシーの運転手が溢れているということからもわかるように極端に際立った才能がなければできないというわけでもありませんのでそれは心配することではないでしょう。タクシーの運転手として働くということには大きな利点があるのですから、目指して見る価値はあります。

婚活パーティーに参加

私は、3年前に結婚に繋がる出会いを求めて婚活をしました。様々な婚活の方法がある中、比較的リーズナブルで煩わしい入会手続きの無い、婚活パーティーを選びました。
私が参加したのは、某有名婚活会社の「結婚を真剣に考える男女限定」のパーティーです。実際に参加してみると、会場は比較的狭く半個室型のブースが並んでいて、会話が周囲に漏れないように配慮されていました。料金はやや高めでしたが、参加者は事前にプロフィールを書いて会社にメールで提出していたので、会場に着いた時点でスタッフから渡されたタブレット上で参加者のプロフィールをチェックでき便利でした。パーティーでは、流石は結婚を真剣に考える人たちという事もあり、「理想の結婚」「理想の家庭像」などについて建設的な話ができました。しかし、結婚に直結するパーティーだったので、皆相手を選ぶことに慎重になっていました。

ナンパだって出会いの一つです

ナンパと言うとなにか軽いイメージがありますが、ナンパだって出会いの一つだと思います。

以前、仕事を辞めてフリーターをしていたとき、時間を持て余して新宿をふらふらしていた時期がありました。
友達とお酒を飲んでは街を歩いている女性に声をかけていました。
そのとき出会った女性に私は恋をしました。
ナンパでの出会いに本気になるのはなんだかかっこ悪いですが、私は街でその人を見つけたとき、心が熱くなるのを感じました。
さっそく声をかけて一緒にカラオケに行ったのですが、そのとき彼女は一曲も歌いませんでした。
「つまらなかったのかな」
そんな心配をしていた私に彼女はこっそりと電話番号を教えてくれました。
そのときの私はなにを言われても怒らなかったでしょう。
そのくらいうれしかったです。

後日二人きりであった彼女はとてもキレイでした。
その日から付き合い始め、一年間交際しました。
結局うまくいかなくなって別れてしまいましたが、彼女と過ごした時間はかけがえのない思い出として私の心に残っています。

出会いはナンパでしたが運命の人に出会えたと思っています。

一人娘に迷惑かけないために

誰が亡くなったって遺品整理はしますよね。わたしはシングルマザーで娘と二人で生きてきたため、わたしが死んだら娘に葬式やらなにやら面倒をかけてしまいます。だからなるべく長生きしようと健康に気をつけています。

それでもいつか必ず死ぬので、娘には常日頃自分が持っている物がなんなのか預貯金のことや貴金属で財産になりそうな物を伝えています。そういうのって日々変わるでしょう?預貯金の額だって1年前と今では違います。

わたしはわたしの財産のことを娘にだけは包み隠さず伝えてきましたしこれからもそうします。わたしが死んだ後遺品整理をするのは娘なんです。迷惑をかけないように娘がわかりやすいように伝えています。

必要ない物は処分しています。着なくなった服は同じ趣味じゃなければ邪魔なだけ。わたしの趣味と娘の趣味は違うのでどんどん整理しています。

失敗しないタクシー求人サイトの利用方法

タクシードライバーは、近年注目を集めている仕事です。しかし、簡単にタクシードライバーになれるわけではありません。タクシーが関連する求人は意外とハードルが高いことが多いので、転職に際しては注意が必要です。
タクシードライバーに転職する際に活用したいのが、タクシー求人限定の情報サイトです。一般的な求人サイトに比較すると、専門的な情報が多く掲載されています。また、求人の数も多いのが特徴です。
タクシー求人限定の情報サイトには、運営会社が同じものがありますが、サービスが違います。スタッフが求職者に最適な企業を選んでくれるサイトもあります。タクシー業界に詳しくない転職者に嬉しいサービスです。
サイトから詳しい予備知識を得られるものもあります。業界情報を自分で集めるのは手間がかかるものです。求人情報とセットになっていると、応募する際に便利です。求人サイトを見比べながら、自分に適したサービスを利用するようにしましょう。

フリーランスは技術があってこそ

フリーランスで働くということには技術が必要性になってきます。技術があってこそ、ということになります。エンジニアというのがいろいろといるわけですが、フリーランスで働くということには基本的にエンジニアであること、ということが重要になります。どのような技術かと言いますと基本的にはコンピューター関係ということがほとんどになると言えるでしょう。あるいは翻訳とか語学の力というのも求められることがあるのでそういうタイプのフリーランスエンジニアでの働き方というのはあります。ITエンジニアということになりますが、これからますます需要は高くなっていくということになりますし、まだまだしっかりと需要はあるわけですから安心してこれから目指すということもお勧めできたりすることになります。そうすることによって、上手く稼ぐことができたりすることになります。