合コンで出会った妻子持ち!?な彼

3対3の合コンで出会った男性です。アプリを使っての合コンでした。相手は2つ上のカラオケの機会を修理したりする会社に勤めている人でした。なので歌はとても上手でした。初めは何回か数人で飲むことがあったのですが、後に二人で飲みに行くことが増えました。見た目もかっこよく、細身な感じでした。細見はあまりタイプではなかったですが、二人とも酔うほどにお酒を飲むタイプだったのでそれはそれで楽しかったです。酔った勢いで話ができたり打ち解けていけるところもあったので、毎回居酒屋で食べて飲んでからカラオケに行くのがお決まりでした。職業柄ですが、お客さん相手にも歌うことがあるだけあって、いつまでも聞いていられる程でした。そんな感じで過ごしてきたのですが、特に付き合うとかにはなりませんでした。そして、合コンでも一緒だった同じ職場の人から、彼は奥さんと子どもがいると知らされました。最初は本当かどうかわかりませんでしたが、本人に聞く勇気もなく、その話が本当なのかもわからずにいました。しかし、そのことをずっと引きずってもやもやしてそれが気になったままだったので、結局連絡をするのを止めました。もし自分が真剣に相手と向き合っていたらちゃんと聞いていただろうなと思いました。でもそこまでできなかった自分、それまでだったのだなと思いました。相手を信じることもできずにいたのと、本気になれなかったこと、全てはそこまでの恋愛だったのだと思いました。何を信じてどう向き合うべきかを感じることができた男性でした。
その一時は楽しい時間を過ごすことができ、良い経験だったなと思えます。出会い

タクシードライバーにとって長距離のお客さんはとても魅力的

タクシードライバーをしていると、いろいろなお客さんを乗せることがありますけど、その中には運転手のテンションを上げることができるような人たちがいます。
例えば、長距離の移動で乗ってくるようなお客さんに関しては、タクシードライバーにとっては稼ぎやすい相手なのです。
基本的に距離によって、収入が変動する面があるので長距離のお客さんというのは、タクシードライバーにとっては非常にありがたい存在なのです。
短い距離のお客さんを乗せるときには、お客さんが途切れずに常にいてくれるとは限らないので、長距離のお客さんの方が確実に多くの金額を稼ぐことがしやすいのです。
これが歩合の部分で大きいと言えるので、タクシードライバーにとっては長距離のお客さんを乗せたときにはテンションが上がる可能性があるような、とても魅力的な相手と言えることになります。

客商売のプロのすごさ

職場での飲み会の帰り、上司が完全に酔っぱらってしまい、一人では危ないと先輩に言われタクシーで送ることになりました。
上司はドライバーさんに住所を告げると寝入ってしまい30分くらい走ったところで目を覚ますと、
「ここどこ?」
そう上司が訊いてきたのでご自宅に向かってますと言うと、いきなり、
「誰が家に帰ると言った!運転手!勝手に走ってんじゃねぇ!」
と、言って、運転席を思いっきり何度も何度も蹴りだしました。何が起きてるか一瞬、理解出来なかったもののすぐに上司を抑えて、
「危ないですから!止めてください!」
そう言っても上司は蹴ることを止めず必死に止めました。少しすると疲れたのか酒のせいか上司はまた寝入ってしまい、家に着くまで寝ていてくれました。ドライバーさんに待っててもらい、上司を奥さんに預け、再度、タクシーに乗り自分の家の住所を伝え、上司のことを謝ると、
「ああ、大丈夫ですよ。やっぱりお酒が入った人は言葉や態度が乱暴になる人がいますしね。あれくらい可愛いもんですよ」
と、平然と笑いながらドライバーさんは言ってきました。運転中の運転席を蹴る人を初めて見た私には衝撃的な言葉でした。色々なお客さんを乗せるタクシードライバーさんのたくましさ、すごさを感じさせられました。

ハイヤーに求められる特質

ハイヤーの仕事で求められる特質とはどのようなものでしょうか。運転スキルはもちろんのこと、臨機応変に対応することや、道に詳しいこと、そしておもてなしができるということかもしれません。そしてマナーという面でも常識を備えている必要があるでしょう。そして時間に関しては厳格であることも必要です。というのは、忙しく働く企業の偉い人たちは、分単位で動いており、スピーディな移動をしたいと願っているからです。それで指定された場所に行くときには、早くから準備し、余裕をもって迎えられるようにします。またややイライラしていたり、気持ちに余裕がない人を乗せることもあるかもしれませんので、そのようなときにも、それに応じた対応をすることができるでしょう。おもてなしという点では、細やかな気遣いを示すことで、印象を良くすることができます。ハイヤーは人に喜ばれる仕事です。

人気婚活サイトで出会いをゲット

現在婚活中の私ですが、結婚相談所に申し込むほど勇気もなく、お金もかけずもっと気軽にに出会えないかと思い、とりあえずネットで調べて、ランキング上位の人気婚活サイトのアプリをダウンロードしてみました。使い方に慣れるまで少し戸惑いましたが、コツが分かればたくさんの人と連絡が取れます。まず、写真は載せた方が連絡が来やすくなります。顔写真を載せるのは怖いと思うかも知れませんが、全部じゃなくても一部だけとかマスクをしていてもOKです。いずれにしても、可愛く見える写真がベストです。私は今30代ですが、画像の撮り方や載せ方を工夫すれば、40代でも出会いはありそうです。こんなに出会いがあるのならもっと早くやっていれば良かったと思ったくらいです。今はまだ実際に会った人はいないのですが、メールやチャットで相手のことがある程度分かってきたら会ってみようと思っています。

偶然の出会いにびっくりしました

4日前のことですが、私は仕事を終え、会社を出て駅に向かって歩いていました。突然声を掛けられました。なんと、13年ぶりに旧友と偶然会ったのでした。かなりこっちの風貌も変わっていたと思うので、声を掛けてくれたその勇気に拍手を送りたいです。

逆のシチュエーションであったら、私は声を掛けられなかった気がします。そういう意味では、きわめて社交的な旧友がうらやましく感じます。ということで、その後、再会を祝して飲み屋街で乾杯をしました。

ビールの味が最高で、懐かしい話も弾み、とても楽しい時間を過ごせました。その席で、旧友は不動産投資をするかどうか悩んでいる、といった話をしてきました。私はそういった話は知識がない為、よくわからなかったのですが、彼は投資に関してとても興味があるようでした。

狙っているマンションがあるようで、資金も用意したようです。私は、そこまで具体的に準備しているのであれば思い切ってマンションを購入するべきなのでは、と彼に言いました。あとは彼次第ですが、彼ならうまくやると思うので、是非購入して欲しいです。

今の出会いはネットから

男女の出会いは様々な方法があります。明治や昭和初期はお見合いが主流でした。親や親戚などが持て来る縁談が出会いの場だったのです。女性は家庭に入り男性を支える。それが当たり前の時代でした。それが時が流れ女性が学校学んだりや社会で働くようになると出会いの形も変わり学校職場での出会いや友人の紹介に変わっていきました。男性も女性も自分の意志でお付き合いを決めれる時代になりまた男女平等という言葉ともに女性のほうに男性が貢ぐ時代もありました。そして今出会いは、縁談でも知り合いの紹介でもなく想像を遥かに超えネットという時代になりました。趣味が合う人が出会うネットサイト、お金が発生せずにまた相手の生活環境を気にすることなく連絡が取りあえるLINE。自分の近況を誰からも見られるように投稿するInstagram。今では大人だけではなく中高生もこのネットでの出会いにより友人・または恋人を探し男女の出会いのツールになっています。

携帯用太陽光発電が必要

住宅に太陽光発電がつくようになったのだから車にも太陽光発電がつけばいいと思うんですね。技術はどんどん進歩しているんだから、もったいぶらず太陽光発電をもっといろんな場所で使えるようにしてもらいたいのです。

スマホの充電も太陽光発電でまかなえちゃうと最高。スマホの充電なんて大きな電力じゃなくていいんだから小さな携帯用太陽光発電があれば足りるでしょう。ポケットサイズで薄くてかさばらない携帯用太陽光発電を誰でも手に入る値段で発売して欲しいんです。

住宅に太陽光発電は珍しくなくなっています。これからは携帯用太陽光発電アイテムが必要になると思うし発売すれば人気が出るはず。本当は地球を守るためにこういうエネルギーを国がもっと勧めるべきなんですよね・・・。あまり意味を感じないことをするのはやめてこういうことに力を入れてもらいたいものです。

 

中高年の人たちの婚活

婚活という響きはやや軽い感じがするかもしれませんが、実際には結婚にいたる相手を探すことであり、それはとても大きなことです。中高年にもなると、もうあとがないために、結婚を急いでしまう、急ぎたい、好みではなくても仕方がない、そんな思いになるかもしれません。ですが、その時から先、生涯を一緒にする相手の人を誰でもいいからというような感じで結婚するわけにはいかないのではないでしょうか。やはり愛し合いたいですし、本当に相手のことを好きになって、そして結婚したいという気持ちになるはずですし、そうなることで、結婚生活を永続するものとできるのです。ではそのような相手をどのように見つけることができるのでしょうか。婚活のためにいろいろなことができます。友人を通して、自分に合いそうな相手を紹介してもらったり、業者を通してお見合いをしてみることもできるでしょう。

婚活でどういうことをするか悩んだ日

今日は面白いことを探してインターネットを見ていました。すると結婚というキーワードが引っ掛かるようになりました。私は結婚もしたいので情報が欲しいと思いました。
急にそういう気持ちになったのでサイトとアプリを探しました。予想通り婚活に関するサイトとアプリは多かったです。そういうものを使って今の人は結婚しているのかと思いました。

私は午後まで婚活に関する情報を探していました。実際に婚活アプリを見たら内容が凝っていました。プロフィールや相手を探す機能も良かったと思います。
また婚活アプリを使う時は自分の情報が必要です。色々な事を考えてやってみると面白いと感じました。結局は婚活は自分の気持ちや行動が大事なのです。
婚活は難しいので気持ちにも区切りが必要な感じです。私はインターネットの情報をまとめて実際の恋愛に活かしたいです。それで良い相手がいたら積極的になれると思います。