失敗から学んで再婚への道を歩む

再婚をするということは、すでにバツイチであるということですが、男と女の難しさを体験を通して知った立場にあると言えるかもしれません。確かに愛し合って、もうこの人しかいない、そんな燃えるような恋をしたにもかかわらず、いざ新婚生活が始まってみると、信じられないくらいに理想からかけ離れてしまっていた、あるいは相手の嫌な部分が見えてきて、それが許すことができない、あるいは気に留めずにいられない気持ちになったりします。

お互いのすれ違いや会話が少ないなど、少しずつ距離ができてきて、ついには離婚という決断を下すまでになってしまいます。わずか結婚してから数か月で、そんな結末を迎えてしまうことは少なくありません。とはいえそれで人生失敗と決まったわけではなく、再び再婚への道を歩き出せばいいのです。以前の失敗から学んだ教訓を生かして、より円熟したお付き合いをすることができるでしょう。